さとうゆみのブログ
by satoyumi0807
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
猫blogランキング参加中
(↓こちらをクリック)
a0039600_1585931.gif
みーくんへの応援ポチッをおねがいにょ♪

<プロフィール>
1964.8.7生れ 
九紫火星・獅子座・0型

職業:
フリーアナウンサー
執筆

講演会・仕事の依頼:
(株)ライムライト

 
  
2007.7 
トライアスロン・オリンピックD、
ビリから4番目で完走。

2007.8 
処女小説『風のしま』
春日出版

2008.9
ホノルルセンチュリーライド
160km完走

2015.8
電子書籍(Kindle)
『アフリカゾウに会いに行こう』
e-ブックランド


使うあてもないのに
一級船舶免許を持っているのがひそかな自慢

趣味:ドルフィンスイム
   素潜り
   ドライブ
   サイクリング
   ボディボード
   時々絵なども描く
  元バレーボール部
  スポーツは何でも好き
  ビールとスイカも大好き

<家族>
ダンナくん
みーくん(11歳で我が家に来た雄猫。本名ミニラ。肉食系男子凶暴だったが最近は癒し系に?)
    

みーくんが家族になるまでのエピソードやこれまでの出来事=
にゃんだか好い日


e-mailはコチラ



いつでも里親募集中


文鳥ブログ白とシナモン
検索
ライフログ
タグ
(735)
(302)
(160)
(156)
(113)
(110)
(97)
(88)
(80)
(79)
(46)
(46)
(42)
(38)
(27)
(27)
(26)
(25)
(25)
(24)
カテゴリ
全体
日々のあれこれ
HAWAII
御蔵島

お仕事
運動しましょ
映画・本
動物
飲み物・食べもの
お気に入り
競輪
ネコ
未分類
フォロー中のブログ
週末は晴れても、雨でも
ゆっくり、つながって
癒し癒されニライカナイ
Tabby the so...
じろさんこちら
ひとひとうさぎねこねこわんわん
最新のコメント
パイソンさん> どうも..
by satoyumi0807 at 20:05
>ミーさん ありがとう..
by satoyumi0807 at 20:04
みーくんの寝顔は、睡眠導..
by ミー at 15:37
私にとっての「オールスタ..
by パイソン at 16:46
ゆみさん、大変遅くなって..
by パイソン at 22:20
> 坊主っくりさん そ..
by satoyumi0807 at 23:15
> 坊主っくりさん メ..
by satoyumi0807 at 23:14
> 坊主っくりさん こ..
by satoyumi0807 at 23:13
> kameちゃん 大..
by satoyumi0807 at 23:12
> みーさん どうもあ..
by satoyumi0807 at 23:08
>高知のいごっそさん ..
by satoyumi0807 at 22:54
>ruki どうもあり..
by satoyumi0807 at 22:52
”ウンがつきまくる” ..
by kame-kameko at 23:02
お誕生日おめでとうござい..
by みー at 19:47
いごっそより17歳も若い..
by 高知のいごっそ at 08:34
ゆみ姉がどこへ向かうのか..
by ruki at 08:33
かの有名な、アサヒビール..
by 坊主っくり at 20:59
しかし、運動能力がスゴイ..
by 坊主っくり at 20:57
舌の方、まだまだ元気です..
by 坊主っくり at 20:56
坊主っくりさん> ほん..
by satoyumi0807 at 10:56
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
画像一覧
ブログパーツ
チームバッファロー北へゆく〜後編〜
定山渓から札幌にもどり、そこから列車で小樽へ。
日曜日ということもあってか
列車の中は朝の通勤電車並みの混雑。

ようやく小樽に到着してホームに降り立った途端、
そこは吹雪!
a0039600_9282966.jpg


途中までは青空が広がっていたのになあ。

雪男・雪女は誰だ? などとワイワイ言いつつ
小樽運河を目指します。

ほどなくして雪は小ぶりになり、傘をささなくてもいい程度に。

今ツアーのもうひとつのメイン、小樽運河クルーズです。

チケット売り場を間違えて、
おじさんおばさんおねえさん、わたわた走り回る中、
女子大生ふたりはどーんと落ち着いて構えていたのが面白かった。
彼女たちは将来間違いなく大物になるでしょう(笑)。

なんとか予約した乗船時間に間に合いました。

a0039600_930738.jpg

こんなかわいらしい船にのってゆっくりと小樽運河を観るのです。

ガイドのおねえさんが美人で素敵で殿方お二人は絶賛!
いやその実、お話もとても興味深くてあっという間の40分でした。

冬は寒さ対策でビニールに覆われていますが、
暖かい季節はもっと開放的に楽しめるそうです。

小樽港は北海道開拓に重要な役割をになった貿易港。
小樽運河は倉庫のすぐ近くにありますが、水深が浅いため、
大きな船は沖に停泊し、そこから小樽運河まで艀(はしけ)を使って荷物の運搬をしていたそうです。

a0039600_9301673.jpg

昔の面影を残す倉庫群は、
いまや人気の観光エリアになっていますが、
当時はどんな風に使われていたのかなど
興味深いお話をたくさん聞くことができました。



運河にはたくさんの水鳥がいます。


ウミウ。
a0039600_92771.jpg

a0039600_9272688.jpg

かなり長い間この場所にじっとしていました。
かなり大きいです。


そしてたぶんオオセグロカモメ。
a0039600_948737.jpg
こちらもかなり大きい。
うちの近所でみるカモメ(おそらくゆりかもめ)の
1.5倍くらいの大きさ。

(どうやら今回のキーワードは「かなり大きい」だな)


ところで・・・

クルーズ中にガイドさんが
小樽運河にいるカモメとウミネコの
簡単な見分け方を教えてくれました。

黄色い足はウミネコ、
ピンクはカモメだそうです。

(カモメの種類によっては必ずしもピンクではないようです)

「ぴんぴんカモメ」

と覚えてみました。


ちなみに、鳥の写真はすべてクルーズを終え、
昼食後の散歩で撮ったものです。


え?お昼ご飯は何を食べたかって?
そりゃ〜小樽といえばね〜海鮮!!
a0039600_9304271.jpg
ひとりも同じものを注文せず(笑)
わたしはどれを食べたでしょう?


もうね、これだけでも小樽に来た甲斐があったってもんです!!


でも、さらにさらにスイーツも。
a0039600_9433544.jpg
ここは地元の方に人気のお店。
クルーズのときにガイドさんから教えてもらい、
このお店をみつけるためにみんなで運河沿いを行ったり来たり。
結局、もう一度電話でガイドさんに場所を聞いて辿りついたお店。
スイーツもさることながら、お店の雰囲気もとても素敵でした。


こちらはお昼を食べたお店の近くにあった
浮き球のツリーと
a0039600_9325841.jpg



消防犬ぶん公の銅像。
a0039600_933369.jpg
カレは昭和初期に消防本部に飼われていた犬で
火災の際には消防車に一緒に乗り込み、
現場で大活躍したそうです。
24歳まで生きたんだとか。
すばらしい!
みーくんにあやかってもらいましょう!

ぶん公の記事はこちら↓。
『消防犬ぶん公』


こうしてあっという間の一泊二日の北海道の旅が終わりました。


久しぶりだったけれど、
なんだかすごーく普通で自然だった
不思議な6人の旅。

これからまたそれぞれがそれぞれの人生を歩む途中に
みんなでこうして会えたらいいな。


ところでチームバッファローという名前はどうしてついたの?
そのお話はこちらに。
って、もう一度宣伝させてくださいm(_ _)m(^^) 
『アフリカゾウに会いに行こう』
売り上げはサラマンドフの会に寄付させていただきますので
Kindleでポチッとやっていただけると助かりますm(_ _)m(^^) 


来年2月〜3月にかけて
中村千秋教育エコツアーが予定されています。

興味のある方こちらにアクセスしてください↓。
『サラマンドフの会HP:教育エコツアーの案内』


旅の仲間達に感謝をこめて。
a0039600_94393.jpg




今日も好い日になりますように。
by satoyumi0807 | 2015-12-14 10:01 | | Comments(4)
Commented by PI at 2015-12-14 10:56 x
北海道いいなぁ。
ってよりもその海鮮すごく美味しそう。
画像からも伝わってきますね。

ところでアフリカの本を出していたなんて!!
気が付かなかったですよ。
ポッチと押しました。届くの楽しみ♪
あっ、サインお願いしますm(_ _)m
Commented by satoyumi0807 at 2015-12-16 11:47
Piさん>
そーなの、実は出したんです(^^)
電子書籍なのでアプリを入れてiPhoneなどで読むというやつで、手間をおかけしますが、感想お待ちしてまーす(^^)
Commented by 坊主っくり at 2015-12-20 17:56 x
大昔、寝台特急「北斗星」で北海道・札幌、小樽へ行ったときには、まだここまでの華やかさは、ありませんでした。
もう、30年近く前ですしね(笑)
Commented by satoyumi0807 at 2015-12-21 23:02
坊主っくりさん>
北斗星、のりたかったなあ!
あこがれでした。
<< すっぴん。♯8 小林莉子選手 チームバッファロー北へゆく〜中編〜 >>