さとうゆみのブログ
by satoyumi0807
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
猫blogランキング参加中
(↓こちらをクリック)
a0039600_1585931.gif
みーくんへの応援ポチッをおねがいにょ♪

カメラマンのダンナくん
19歳のネコ・みーくん(MINIRA)と
二人と一匹暮らし。

※みーくんについては下記をご覧ください。

<プロフィール>
1964.8.7生れ 
九紫火星・獅子座・0型

職業:
フリーアナウンサー
執筆

講演会・仕事の依頼:
(株)ライムライト

 
  
2007.7 
トライアスロン・オリンピックD、
ビリから4番目で完走。

2007.8 
処女小説『風のしま』
春日出版

2008.9
ホノルルセンチュリーライド
160km完走

2015.8
電子書籍(Kindle)
『アフリカゾウに会いに行こう』
e-ブックランド


使うあてもないのに
一級船舶免許を持っているのがひそかな自慢


趣味:ドルフィンスイム
   素潜り
   ドライブ
   サイクリング
   ボディボード
   時々絵なども描く
  元バレーボール部

好きなもの:
   海、旅、動物、
   ビール、スイカ、
   スポーツ
  


<みーくんについて>
本名MINIRAミニラ
拾われた子猫のとき、
あまりにも凶暴だったのでこの名前が・・・。
11歳で我が家に来た雄猫。
肉食系凶暴男子でしたが最近は癒し系に?
    

みーくんが家族になるまでや過去のエピソード=
にゃんだか好い日


e-mailはコチラ



いつでも里親募集中


文鳥ブログ白とシナモン
検索
ライフログ
タグ
(758)
(304)
(161)
(161)
(117)
(110)
(100)
(92)
(83)
(80)
(49)
(46)
(43)
(42)
(27)
(27)
(26)
(25)
(25)
(24)
カテゴリ
全体
日々のあれこれ
HAWAII
御蔵島

お仕事
運動しましょ
映画・本
動物
飲み物・食べもの
お気に入り
競輪
ネコ
未分類
フォロー中のブログ
週末は晴れても、雨でも
ゆっくり、つながって
癒し癒されニライカナイ
Tabby the so...
じろさんこちら
ひとひとうさぎねこねこわんわん
最新のコメント
これは如何!この腰の抜け..
by 高知のいごっそ at 05:01
> niraingさん ..
by satoyumi0807 at 23:27
> niraingさん ..
by satoyumi0807 at 23:26
> 坊主っくりさん や..
by satoyumi0807 at 23:23
> 坊主っくりさん 指..
by satoyumi0807 at 23:22
ん、冬の指令が、舌の方に。
by 坊主っくり at 23:21
> 坊主っくりさん 最..
by satoyumi0807 at 23:20
この時期は、戸部~横浜間..
by 坊主っくり at 23:20
> 坊主っくりさん あ..
by satoyumi0807 at 23:17
> 坊主っくりさん 本..
by satoyumi0807 at 23:17
> 坊主っくりさん 達..
by satoyumi0807 at 23:16
> 高知のいごっそさん ..
by satoyumi0807 at 23:14
まいどおおきにぃ〜(^^..
by niraing at 18:16
みーくんベットよかったね..
by niraing at 17:41
まあ、やる時はやってまう..
by 坊主っくり at 17:16
やはり、地球人と仲良くす..
by 坊主っくり at 17:15
夜明けとともに起床する、..
by 坊主っくり at 17:14
ネコを超越した、舌の方に..
by 坊主っくり at 17:13
相変わらず、楽しそうです..
by 坊主っくり at 17:12
仕事を終えた、漢の寝顔で..
by 坊主っくり at 17:10
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
画像一覧
ブログパーツ
2015年 12月 12日 ( 1 )
チームバッファロー北へゆく〜中編〜
とびとびになりましたが・・・
ケニヤで出会い、
北海道で再会した”チームバッファロー”の旅のお話のつづき。


一行が向かったのは『定山渓温泉』。
札幌の奥座敷といわれる有名な温泉地です。

札幌駅から各ホテルに行くシャトルバスが出ています。
揺られること一時間足らずで定山渓に着きます。
a0039600_1245596.jpg



すでに暗くなりはじめていましたが、
さっそくみんなであたりを散策。
a0039600_13543223.jpg


a0039600_1373723.jpg


a0039600_1385530.jpg

この方が美泉定山さん。
江戸時代〜明治にかけて生きたお坊さんです。
アイヌの人に案内され、ここに源泉があるのをみつけ、
定山さんが湯治場を作ったのがきっかけとなり、
いまや北海道を代表する温泉地に。
その功績をたたえ『定山渓』と名付けられたそうです。


ここには河童伝説があり、いろいろなところに河童がいます。
a0039600_138211.jpg
暗くなってしまったので 3河童しか写真に撮れませんでしたが、
温泉街の河童探しも楽しいかも。
大王なるものもいらっしゃるとか・・・。


左は昨夏のケニヤを、
右は今冬の定山渓を歩くチームバッファロー。
a0039600_131836.jpg




さて、宿泊したのは定山渓ホテルというところでしたが、
(ホテルのHP http://www.johzankei-hotel.com/index.html


とにかく大きい!


何人とまれるのか、何部屋あるのか、、、


とにかく大きい!!


大浴場と中浴場があり、時間で男女交代制になっていますが、
総面積約800坪、14種類の浴槽があります。


とにかく大きい!!!


夕食・朝食はいずれもバイキング。

この会場も


とにかく大きい!!!!!!



中国や韓国の方もたくさんいらっしゃいました。
よくマナーの問題などを聞きますが、
ここではお風呂でもバイキングでも
そのようなことはまるでありませんでした。
とても和やかに楽しくすごせました。


食器がシンプルなので学食みたいだけど、
郷土料理から和洋中韓とびっくりするほど種類が多く
どれも美味しかったです(^^) 

a0039600_13461612.jpg
食べ過ぎ疑惑。
いや、疑惑ではなく真実。


食事の後は殿方お二人がウイスキー工場で買ってきてくれた
ウイスキーで部屋のみ。
こうして笑いのたえない再会の宴はつづいたのでした。


翌朝、ホテルのシャトルバスを待たず
早い時間の路線バスにのり
お日様がまぶしい定山渓ををあとに札幌へ。
a0039600_13503760.jpg

そこから小樽をめざします。


つづく。
by satoyumi0807 | 2015-12-12 14:14 | | Comments(4)