さとうゆみのブログ
by satoyumi0807
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
猫blogランキング参加中
(↓こちらをクリック)
a0039600_1585931.gif



<プロフィール>
1964.8.7生れ 
九紫火星・獅子座・0型

職業:
フリーアナウンサー
執筆

講演会・仕事の依頼:
(株)ライムライト

 
  
2007.7 
トライアスロン・オリンピックD、
ビリから4番目で完走。

2007.8 
処女小説『風のしま』
春日出版

2008.9
ホノルルセンチュリーライド
160km完走

2015.8
電子書籍(Kindle)
『アフリカゾウに会いに行こう』
e-ブックランド


使うあてもないのに
一級船舶免許を持っているのがひそかな自慢


趣味:ドルフィンスイム
   素潜り
   ドライブ
   サイクリング
   ボディボード
   時々絵なども描く
  元バレーボール部

好きなもの:
   海、旅、動物、
   ビール、スイカ、
   スポーツ
  


<みーくんについて>
本名MINIRAミニラ
拾われた子猫のとき、
あまりにも凶暴だったのでこの名前が・・・。
11歳で我が家に来た雄猫。
肉食系凶暴男子でしたが最近は癒し系に?
19歳10ヶ月で永遠の存在に。
    

みーくんが家族になるまでや過去のエピソード=
にゃんだか好い日



いつでも里親募集中


文鳥ブログ白とシナモン
検索
ライフログ
タグ
カテゴリ
全体
日々のあれこれ
HAWAII
御蔵島

お仕事
運動しましょ
映画・本
動物
飲み物・食べもの
お気に入り
競輪
ネコ
未分類
フォロー中のブログ
週末は晴れても、雨でも
ゆっくり、つながって
癒し癒されニライカナイ
Tabby the so...
じろさんこちら
浅草・銀次親分日記
ひとひとうさぎねこねこわんわん
みゅうとの暮らし
最新のコメント
大事に使ってくれそうな人..
by ruki at 15:11
ゆみさん、ご無沙汰してお..
by パイソン at 22:40
>パイソンさん 今年は..
by satoyumi0807 at 09:01
パイソン> 寛仁親王牌..
by satoyumi0807 at 08:59
パイソンさん> どうも..
by satoyumi0807 at 08:58
今日の北海道ので震度7の..
by パイソン at 22:03
お父さん最高!
by ruki at 23:26
名前のところを「失望」と..
by パイソン at 16:46
オールスター競輪、関東勢..
by 失望 at 16:44
大変遅くなって大変申し訳..
by パイソン at 22:09
>ニラ子 うん、がんば..
by satoyumi0807 at 09:47
そうだったんだね〜(=^..
by niraing at 17:42
>ミーさん ほぼピンク..
by satoyumi0807 at 17:52
>パイソンさん ほんと..
by satoyumi0807 at 17:50
>のんすけさん どうも..
by satoyumi0807 at 17:50
>ニラ子 コメント返信..
by satoyumi0807 at 17:46
>ミーさん おひさしぶ..
by satoyumi0807 at 17:43
オフタリさんの肉球、ピン..
by ミー at 19:33
ゆみさん、ご無沙汰してい..
by パイソン at 17:44
ゆみさん、こんにちは。 ..
by のんすけ at 13:00
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
画像一覧
ブログパーツ
タグ:屋久島 ( 10 ) タグの人気記事
屋久島紀行2016 その8
ながーくひっぱった屋久島紀行2016最終話です(笑)

最後はやっぱり海。

屋久島というと「森」や「山」という印象が強いですが、
海が素晴らしくないわけがない!!
a0039600_2384697.jpg



『屋久島ウォータースイミング大会』が開催された一湊やアカウミガメの産卵で有名な永田浜など美しいビーチがある北側。

対照的に南側は岩場が多く、
「スノーケルするならダイナミックな南側」が好いようです。

わたしはどうやら一部で
”無謀でイケイケ”
なイメージがあるようなのですが、
実はびびりです。
とくに海は。
もともと泳げなかったので今でもすごく慎重です。

初めての海は潮の流れもわからないから怖い。
でも、
チャップリ、じゃなくて
シッカリ、スノーケルしたい。


そこでこちらも半日でしたが、
ガイドをお願いしてスノーケルしました。


海のガイドでお世話になったのは
『屋久島フィールド情報センターLagoon』
http://yakushimajouhou.o.oo7.jp
の宮司さん。
(親子でガイドをされています)


ブログで屋久島の海や川を中心に様々な情報をタイムリーにアップされています。

たった一人だったのに
名ガイドのお二人が付き添ってくださいました(^^) 
a0039600_235165.jpg



今回は初めて一緒に泳いたので安全を期してということと
直前に発生した台風1号のうねりがすでに入り始めていたので
沖にはでませんでしたが

キビナゴの魚群
a0039600_225891.jpg



人気のクマノミ
a0039600_2303144.jpg



海うさぎ
a0039600_22585659.jpg



美しい珊瑚
a0039600_232405.jpg



魚たち
a0039600_2323246.jpg



海蛇!
a0039600_2259494.jpg



あーーーー、荷物の中にいれたGoProが届いていれば!
とここでも悔やまれます。。。



でも、屋久島の美しく豊かな海を楽しめました。


「スキルがわかったので、
次はもっとワイルドなところに行きましょう」

って(^^) 


次、はいつかなぁ。


絶対にまた行きたいなぁ。



海で泳いだあとは
海に続いている川の流れのなかに身を横たえて空を見上げる。
体の潮を流し
川の水の冷たさと
青空のまぶしさと
海のなごりと
なんと贅沢で幸せな時間。
a0039600_233023.jpg




宮司さんも、森のガイドの広瀬さんも、
そして宿のオーナーも、


「屋久島は川がいいんですよっ!!」


とおっしゃいます。


そして、


「山・森・川・海、とにかくとことん遊べます!
 どれだけ長くいても(住んでも)楽しみのつきない島です」


と。



今回は、「水泳大会」目的に訪れた旅でしたが、
滞在の数日間で垣間見た屋久島。
その森のように懐深い無限の魅力・・・
いつかまた近いうちに必ず訪れたいと思います。


今滞在でお世話になったみなさま、
どうもありがとうございました。



スノーケルに行く時に待ち合わせたのは
前述の『ぽんたん館』の駐車場。
ちょうどマンゴーが入荷(おじさんがとれたてを持ってきた)
ところでした。
ダンナくんのお土産に購入。
a0039600_22182659.jpg

お土産といいつつもちろんわたしも
マンゴーがもたらす甘美なる幸せを堪能いたしました。



屋久島の自然とそこに生きるものたち、
そして出会いに感謝をこめて。


a0039600_2344872.jpg



明日も好い日になりますように。
by satoyumi0807 | 2016-07-22 23:21 | | Comments(6)
屋久島紀行2016 その7
もしかしたらすこ〜し二日酔いだったかもしれないわん。。。
という本日でございました。
昨晩は、想定内ではありましたが日付変更線を越え、
一日おくれの更新。
これで今月の貯金は使い果しました(^^;)
残り、休まず更新いたします。



「ひと月に35日雨が降る」と言われるほど
雨が多く、水が豊富な屋久島。

島の中を流れる川は実に140以上とか。
滝もたくさんあります。

そんな中、いくつかの有名な滝は車道から近いところで観られます。


『龍神の滝』
a0039600_22134441.jpg
a0039600_22133457.jpg
落差は30m。
千尋の滝に行く途中、道を間違えて見つけました。


『千尋(せんびろ)の滝』
a0039600_22143686.jpg
駐車場から歩いて数分。
落差60mの屋久島を代表する滝。
この写真だといまひとつですが
壮大な景観です。

ここには売店、そして展望台が二つあります。
展望台からの眺め。
a0039600_22153423.jpg




『トローキの滝』
a0039600_221784.jpg

地産商品を扱っているお土産屋『ぽんたん館』の駐車場に車をとめ
県道を渡ったところにある遊歩道を歩いてすぐ。
落差は6m。
全国でも珍しい海に直接落ちる海岸瀑です。



これらはすべて島の南側にあって、
トビウオコロッケを食べたお店のオーナーが
短時間で効率よく回れるように
ドライブルートを丁寧にレクチャーしてくださったのです。



その最後に立ち寄ったのが
『猿川ガジュマル』の森。

「看板見落としやすいから気をつけてね。
駐車場からは歩いてすぐだから」


ほんとにそのとおりだった・・・両方とも。

まず、左にあったこの看板、まるで気づかなかった。。。
a0039600_22174144.jpg

看板をスルーして細い山道を走ること数分。
地元の人らしき車とすれ違いました。
そのとき運転していた人が
「なんでこんなとこにいるの?」
という顔をした(ように思えた)のです。

その瞬間、もしかしたら奥に入りすぎたかも、と。
案の定、道はどんどん細くなり、
これ以上いくと帰ってこれなくなりそうな気配。

霊感はまるでありませんが、
飲み屋を見つけることと、
このような勘はなぜか冴えているのです。

かろうじてUターンできる場所を見つけ引き返しました。

すると、
県道から入ってすぐのところに目指す森があったのでした。
帰りもスルーしそうだったけれど、
たまたま他の車が止まっていたので見つけることができました。
a0039600_22175689.jpg




シダに囲まれた道を歩いていくと程なく現れた猿川ガジュマル。
a0039600_22203121.jpg

たまたまそのときにはわたしの他に誰もヒトがおらず、
別世界に入り込んだような、
静寂の中のガジュマルの圧倒的な存在感。
a0039600_22205899.jpg

a0039600_22203884.jpg
しばし、腰をおろし、ただぼーぅっと森を感じていました。

教えてくださったオリオン食堂のオーナーに心から感謝です。



ちなみに、屋久島といえば雨!なのに
今回はまるで雨にあたりませんでした。
お天気に恵まれたと言えるのかどうか。。。
次はしっとりとした雨の森に入りたいなぁ。



つづく(たぶん次が最終回)。



明日も好い日になりますように。
by satoyumi0807 | 2016-07-21 22:43 | | Comments(4)
屋久島紀行2016 その6
風呂に入ると腹が減る。

尾之間温泉をあとにしてドライブしながら
食堂探し。

絶景はあれど、開いている食堂はなし。
a0039600_21264385.jpg



時刻はすでに14時を回っていて、
どこもお昼の営業を終えたところでした。


そんな中、14時半までやっている
食堂『屋久島オリオン』
http://yakushimaorion.web.fc2.com/index.html )
を教えてもらい、
なんとかお昼ご飯にありつけました。


これ、トビウオとお豆腐のハンバーグ。
a0039600_2126508.jpg
ふわふわで、魚の臭みもなく
ヘルシーでやさしい味(^^) 


オーナーご夫妻(かな?)もとてもやさしく、
このあとのドライブのアドバイスもしてくれて
思わぬ穴場を発見(次回のブログで)。



屋久島は黒潮のおかげで
日本で一番魚種が豊富なのだそうです。

島の料理も魚がメイン。

中でも一年中獲れるトビウオを使った料理が人気。


a0039600_2129446.jpg

こちらは今滞在最後の晩に前述の『屋久どん』で食べた
トビウオの唐揚げ。
もちろん羽も食べられます。
美味しかった〜♪



そしてこちらは安房にある居酒屋で食べた
お刺身の盛り合わせ。
a0039600_2127396.jpg
こめじろ にざだい
くろまつ おおひめ
ちびき はまだい
あおほた しまあおだい
(順不同。名前はメモったけれど、
いまとなってはどれがどれやら・・・)


にざだい!?

にざだいとは、通称「三の字」とも呼ばれる魚で
たしか御蔵島の人は「食わん!」と言っていたなぁ。

はじめて食べる「三の字」の、しかも、刺身!


やはり、それなりの臭みがありました(^^;)。


そのほかのお刺身はとても美味しい!
少し甘い屋久島の醤油によく合いました。


最近、「日本人の体質にはやはり和食が合う」
なんてぇことを目にたり、聞いたりすることが多いですが、
今回屋久島でほぼ”野菜・お魚・ごはん”を食して過ごし、
体調がなんだか好いのだよなぁと感じたのは
偶然ではないような気がしております。

ちょうどタイムリーにダンナくんがジョコビッチ選手の本を買ってきて
ゆるゆるグルテンフリーをやりはじめたりして、
ナイスタイミング。


もちろんビールは飲んでるけどね(笑)


屋久島でよいきっかけをもらったので
少し食生活を見直している今日この頃でございます。
(ゆるーく、だけどね)


つづく。
by satoyumi0807 | 2016-07-19 21:55 | | Comments(4)
屋久島紀行2016 その5
ゆみさん、いつまで屋久島にいるの?

って、いやいやもう帰ってきてるんですけどね。
盛りだくさんだった屋久島の記事はまだまだ続くわけで・・・
予定では「その8」くらいまでいく予定です(笑)

今日は温泉のお話です。




屋久島の玄関口は宮之浦・安房いずれかの港、もしくは空港です。

a0039600_21561112.jpg

今回は行きも帰りも滞在も「安房」でした。

安房港で。
a0039600_2159985.jpg



ちなみに、一番賑やかなのは「宮之浦」のようです。

島内の交通としてはバスやタクシーがありますが
時間の制約や料金を考えると
レンタカーが便利です。


ふらりと南側をドライブすることにしました。


島の周囲を走っている県道がメイン道路。
いざとなったらそこに出ればどうにかなるので
ナビはなくともだいたい大丈夫・・・・です。

が・・・

とにかく看板が小さい。

目的地の看板は、
よくても通り過ぎたときに気づきます。

なんどUターンしたことか(笑)


屋久島には温泉があります。


人気があるのは『平内海中温泉』。
海中露天風呂です。
ただし干潮時しか入れません。
a0039600_2201894.jpg
この先にあるのが温泉。


このときは干潮から3時間ほどたっていて
ご覧のように温泉はまさに海の中で入れず。
a0039600_222598.jpg
ざんねん。


ほかにも海辺の露天風呂がいくつかありますが
ほとんどのところが水着着用不可。


が、地元の人に教えてもらったココ。
a0039600_2201387.jpg


「この前の組合で水着を着ていいことになったんだよ」

って(笑)

岩場なので注意が必要ですが(案の定、膝に擦り傷つくりました)
外側に出て海で泳いで、
そのあとお風呂でちゃっぷり。
温冷浴できます。




そして、地元の人に絶大な人気を誇るのが
『尾之間(おのあいだ)温泉』。
とにかく泉質が良い!でも、とにかく熱い!
と、誰もが口を揃えて言います。

熱いお風呂は苦手なんだけど、
チャレンジしてみることに。
a0039600_21571472.jpg


木造の趣のある建物です。
a0039600_21573446.jpg



このときは平日の昼間だったせいか
近所の人たちばかりでした。

源泉掛け流し。

湯船にゆっくり入っている人はおらず、
みんなその周りで少しずつお湯を汲んで体にかけていました。

そして、ときどき意を決したように湯船につかり
短時間で上がってきます。


真似してまずはお湯を体に・・・


「あぢぃ〜!」


しばらく掛け湯をしたあと、
心の中で「えいやっ!」と一声叫び
体を湯船に沈めてみました。


「びゃ〜!!!!!」


バラエティ番組の罰ゲームになりそうな熱さ。


46度だそうです。


ある意味、しゃっきりします!
お湯はにゅるにゅる。


「熱いでしょ〜」


と話しかけられ、


「10数えるのがやっとでした」


と答えたら笑われました。


「わたしたちは毎日入っとるんよ。
 これ入らんと1日がおわらん。
 疲れがとれんけんね」


入浴料は200円。
近所の方は無料。
毎日入りに来る人が多く、
そのためお風呂がない家もあるんだとか。


風呂上がりに飲んだオロナミンCがめちゃうまでした。
(コーヒー牛乳、なかったんだもん)
a0039600_2156251.jpg




つづく。



さて、今日は雲が多くて焼けなかったものの
河原で風に吹かれたいと
ビールを持っていそいそ降りて行きましたが
飲み始めてすぐに雨!!
開けたてのビールをもって帰宅。
ベランダ飲みに変えました(笑)
a0039600_2274638.jpg




すっきりしない天気が続いているにもかかわらず
水がめの貯水率があがらず
水不足が心配されている東京。
節水を心がけなくちゃな。


明日も好い日になりますように。
by satoyumi0807 | 2016-07-18 22:21 | | Comments(0)
屋久島紀行2016 その4
いまからかれこれ四半世紀ほど前、
屋久杉自然館の当時の館長さんの講演会で
司会をしたことがあります。

そのときはまだ自然環境や生態系などに
関心を抱く前でしたが、

「屋久島の森は九州から旭川まで、
日本列島を縦にぎゅっと重ねたように
多様な植生が見られる」

というお話がすごく印象に残っていました。

屋久島は周囲およそ130kmの島の中に、
九州最高峰の宮之浦岳をはじめ
2000m近い山がいくつもあります。
トレッキングコースも本格的なものから
比較的気軽に歩けるものまで様々。

有名な縄文杉を見るためには往復11時間ほど。
1日で往復してしまう弾丸トレッキングもあるようですが、
一泊二日で行くのがいいようです。

しかし、今回は滞在期間も短いし、
海にも行きたいし・・・

無理せずにゆったりのんびり楽しめるツアーにしました。


今回ガイドをお願いして歩いたのは『白谷雲水峡』。
a0039600_2245385.jpg
標高600mの白谷雲水峡の入り口から
標高850mの苔むす森まで、
標高差250mほどを半日かけて歩くコースです。


屋久島の森と御蔵島の森は似ている、とよく耳にします。
たしかに『苔むす太古の森』というのは共通していますが、
実際に森に入ってみると、
ぜんぜん違うなぁ
というのがわたしの感想でした。
a0039600_22125119.jpg

a0039600_2261168.jpg


もちろん、場所によっていろいろなのでしょうけれど・・・。


a0039600_2263350.jpg
可愛らしいヒメシャラの花。

a0039600_2263934.jpg
こちらはコブを抱いたヒメシャラの樹。
ここには虫が住み着いているそうです。


くぐり杉。
a0039600_22221988.jpg
倒木をまたぐように成長した杉が、
長い年月の間に倒木が朽ち果てて
このようになったのではと。
大人が悠々くぐれるほどの大きさです。
倒れていた樹もとても大きかったのでしょうね。




水が豊かな屋久島の森。
白谷雲水峡のコースには多くの沢があり、天然水飲み放題。
途中、水をくめるところがたくさんあります。
a0039600_22113420.jpg
甘くて美味しい♪


ここは「もののけ姫」のモデルになった森として知られています。
a0039600_22141429.jpg

a0039600_2283897.jpg

今回折り返した『苔むす森』はかつて『もののけ姫の森』という名前だったそうですが、”大人の事情”で改名されたそうです。


途中にはまるで生き物のような樹が。
a0039600_22114787.jpg


a0039600_22172490.jpg



これなんて、
a0039600_2212174.jpg

「ナウシカに出てくるオームみたいでしょ」
とガイドさん。


素晴らしい屋久島の森、
荷物が届かなかったので
iPhoneでしか撮影できなかったのが残念すぎる(T_T)。


屋久島の森はガイドなしでも歩けます。
でも、専門的な知識を持ち、島に精通しているガイドさんと歩くと
いろいろなことを学べるし、
気づけないたくさんのことを教えてもらったり、
自然と人、両方を守るためにも必要だと思います。


今回お世話になった
屋久島パーソナルエコツアーのガイド・広瀬さんと。
a0039600_22142526.jpg



ちなみに、わたしが着ているのは
『屋久島オープンウォータースイミング大会』の参加賞のTシャツ。
この日、このTシャツを着た人たちが森にたくさんいました。
思わずハイタッチしたり!
同じ時間を共有した仲間のような感覚があって楽しかったです。


まだつづく。


a0039600_2213573.jpg

by satoyumi0807 | 2016-07-16 22:40 | | Comments(2)
屋久島紀行2016 まんまるネコたち
屋久島行きを決めた後、
あてもなく、ネットをうろうろした末に見つけた
『旅人の宿まんまる』。

いろーーーんなところにネコがいます。

a0039600_22194827.jpg


a0039600_2219373.jpg


ネットでみつけたときにはネコのことは知りませんでした。


a0039600_22193495.jpg
トレードマークのネコのイラスト。

モデルは・・・
a0039600_22203223.jpg
デブ子ちゃん。
たしか8歳だったかな。


先輩のじぃちゃん。
a0039600_22213379.jpg
まんまるさんが屋久島で宿を始めた頃からいるベテラン看板女子で
14歳だそうです。


こちらはじぃちゃんの娘のぺちゃこちゃん。
a0039600_2225699.jpg
三ヶ月も家出したことのある自由な娘さん。


宿には圧倒的にネコグッズが多いのですが・・・


実はワンコが三匹います。

そのうちの一匹・・・
a0039600_22242847.jpg
ひなこちゃん。


食事中、背後で睨みを利かせています(笑)。


彼女は悪質ブリーダーのところで
ゲージから出されることもなく
過酷な環境に耐えて生き、保護された犬だそうです。

心を開くまでに数年かかったとききました。


今はみんなオーナーご家族の愛情につつまれて
屋久島の自然を楽しみながらのんびり暮らしています。



こちらがまんまるさんの朝ごはん。
毎日違うプレートブレックファースト、美味しくいただきました。
a0039600_22384024.jpg



次回もまたゆっくり訪れたい素敵な宿です。


まんまるさんのHPはこちら。
http://manmaru.jimdo.com

心地好い時間をありがとうございました(^^) 
みんな、元気でね。



明日も好い日になりますように。
by satoyumi0807 | 2016-07-13 22:43 | | Comments(2)
屋久島紀行2016 海まで180歩
今日は屋久島の森をアップしようと張り切っていたのですが・・・
書き始めたものの時間がたりなーい。


今週は仕事がダブルトリプルオンパレードで、
ぱっつんぱっつん。

そんなわけで長くなってしまいそうな屋久島の森のお話は週末までに書き上げますので
少々お待ち下さいm(_ _)m。


お世話になった『旅人の宿まんまる』は海のすぐ近く。


a0039600_153596.jpg
数えてみました。



a0039600_1531893.jpg
ちょっと見栄をはって大股でずんずん歩く。



途中、カニも歩いていたり、
a0039600_1534529.jpg



可愛い花がが咲いていたり。
a0039600_1541426.jpg



本当に180歩(大股)で海に出ました。
a0039600_1572742.jpg



干潮の前後二時間はタイドプールができて泳げるそうです。
a0039600_154064.jpg



とおくに見える山はなんていう名前なんだろう?
a0039600_204914.jpg




a0039600_225591.jpg
自撮り。



明日?はまんまるさんのネコたちをご紹介します。



明日も好い日になりますように。
by satoyumi0807 | 2016-07-11 23:40 | | Comments(2)
屋久島紀行2016 その3
屋久島は1993年に世界遺産に登録されました。

自然を守ることと観光客を受け入れることは
残念ながら相乗効果になることは少ないと感じています。

わたしは初めての屋久島なのでよくわからないけれど、
観光客が増え、
おそらくそれにともなう諸問題もいろいろあるのだと思います。

もちろんわたしも観光客のひとりですが・・・。



屋久島はアカウミガメの世界有数の産卵地。
浜に産み付けられた卵を保護する傍ら、
観光客にレクチャーをし、産卵を見せるツアーがあります。
ひっそりと暗い中で身を潜めながらの観察をイメージしていたのですが、かなり違うものでした。
しかし、およそ30分のレクチャーはアカウミガメの生態を学べるとても興味深いものでした。



a0039600_23532617.jpg
アカウミガメが産卵する美しい浜。



日本にはたくさんのウミガメの産卵地がありますが、
孵化した子亀は多くの試練を乗り越え、
長い長い旅をして生まれた場所に帰ってきます。
黒潮海流にのり、
アメリカ西海岸におよぶまで北太平洋を回遊するそうです。
HAWAIIの海で出会ったウミガメ、
日本生まれだったかもしれません。

ちなみにアカウミガメの場合は
およそ30年をかけて戻ってくるそうです。



ツアー中、あまりに人が多かったので、ちょっと反省とも後悔ともつかぬ思いを抱きながら観察対象のカメから離れたところでポツンと座っていたら、海から上がってくるカメの気配が。
「岩のふり」をして、黒目だけ動かして、息を凝らし、暗闇の中、ぼんやりとしたカメの姿を見つめました。

空には満天の星。

一瞬、自分という入れ物を超えて地球の一部であることを感じられたような・・・。


どうもありがとう。


自然に対しての謙虚さと
この想いをいつでも忘れずに暮らしていたいなと。


a0039600_23484978.jpg



まだまだつづく・・・。


次回は屋久島の森の写真をアップする予定です(^^) 


明日も好い日になりますように。
by satoyumi0807 | 2016-07-09 23:57 | | Comments(0)
屋久島紀行2016 その1 
昨日遅くに屋久島からもどりました。

じわじわ喜びが広がって溢れてくる、
そんな屋久島の旅でした。

チケットと宿とレンタカーの手配ぐらいで、
ほとんど下調べなしに行ってしまいましたが、
それもまた楽しかったです。


そもそも何故屋久島だったのかというと、
目的は
a0039600_23242458.jpg

『屋久島オープンウォータースイミング大会』。

ふわっと声をかけられて
それじゃあ出てみようかなと。

そんなわけでこのところちょこちょこプールに通っていたわけです。

無理せず、1kmの部にエントリー。

トライアスロンのときは1.5kmでしたし、
そう考えると少し余裕をもって泳げる距離。
ただ、海なので、方向を定めるのが難しかったです。

相変わらず遅いペースで
後ろから数えてなんぼの順位でしたが
美しい海で気持ちよく泳ぐことができました。
a0039600_23243455.jpg



そうそう・・・偶然にもわたしのエントリーナンバーは
319=みーくん、だったのです!
a0039600_23243925.jpg



オリンピックメダリストの
柴田亜衣さん、宮下純一さん、寺川綾さんが
親善大使として参加。
大会を盛り上げていました。



終わったあとのフェアウェルパーティ。

a0039600_23244317.jpg

大漁旗に囲まれた中で、地元の方たちが
屋久島の料理と焼酎でもてなしてくれました。

a0039600_23245014.jpg
a0039600_2325212.jpg


車だったので、お茶でがまん。
残念。


会場の一湊は鯖漁がさかんなところ。
釣った鯖を持ち帰って刺身で食べるために
鯖の首を生きているうちに折って血抜きをし、
鮮度を保つ工夫をしていたそうで、
そのようにした鯖を「首折れ鯖」と呼んでいました。
いまではそれが有名になりブランド化。
島内のレストランの人気メニューにもなっています。

パーティーでもお刺身や
焼いたものなどふんだんに振舞われました。
a0039600_23245439.jpg




宴もたけなわ・・・
漁協組合長の生歌で
みんなで踊るイッソウ音頭。
a0039600_23253564.jpg
a0039600_23255854.jpg

御蔵島の大漁節を思い出して、
胸が熱くなりジーン。


この大会がいかに地元の方たちのサポートでなりたっているのかがわかりました。
そして、この大会を通して
屋久島をたくさんの人たちに愛してほしいという
主催者の想いがストレートに伝わってきました。



参加してよかった♪



でもね、、、、

実は前日、
出場があやぶまれるアクシデントがあったのです。



つづく。
by satoyumi0807 | 2016-07-06 23:32 | | Comments(2)
満天の星の下で
今日は朝から出動し、
宿に戻りシャワーを浴びたら
日付けが変わっていました。

今日のあれこれも帰ってからアップしたいと思います(^^)

お天気に恵まれた今日の屋久島。
a0039600_00541449.jpg



星がすごいです。

いま、虫の声と波の音を聞き、
ゆるやかな風に吹かれながら
至福のビールにありついています。


島の自然にぐんぐん元気にしてもらっています。


明日、いや、今日も好い日になりますように。





by satoyumi0807 | 2016-07-03 00:44 | | Comments(2)